ポーカー(poker)のルール





人数は2〜6人で、使用するカードは、ジョーカーを除く52枚とポーカーチップ

を使用します。


親の決め方

 カジノでは、通常カジノに専属のディーラーが居ますので、そのディーラーが

 ゲームを取り仕切ります。

 カジノ以外では、仮の親が自分の左側の人からカードを配り、最初にJ(11)の

 カードが配られた人が親になります。次からは右まわりに親になります。


強いカードの順位

 数字 強  A・K・Q・J・10・9・・・・・2  弱  となります。

 絵札(スート) 強  ?・?・?・?  弱  となります。 

ポーカー・ハンド(役)の強い順位

 1 ロイヤルストレートフラッシュ

   同スート(絵札)で数字の強い物 A・K・Q・J・10 です。

   最も強いのがスートがスペードです。

 2 ストレート・フラシュ

   同スート(絵札)で数字が順番にそろったものです。

   例えば、スートがダイヤで数字が 4・5・6・7・8 などです。

   しかし、 Q・K・A・2・3 など、K・A・2 を含むものは

   ストレートと認められません。

 3 フォー・カード

   同じ数字が4枚そろったのと、別の数字の1枚です。

   例えば、数字の6が4枚と数字の5が1枚 などです。

 4 フルハウス

   同じ数字が3枚そろったのと、同じ数字が2枚そろったものです。

   例えば、数字の9が3枚と数字の4が2枚 などです。

 5 フラッシュ

   同スート(絵札)が5枚そろったものです。

   例えば、ハートが5枚そろったものなどです。

 6 ストレート

   数字が連続した5枚のカードで、スートが揃わなくてもよいものです。

   例えば、スートがは関係なく 6・7・8・9.10 などです。

   ただし、ストレート・フラシュと同様に、Q・K・A・2・3 など、

   K・A・2 を含むものはストレートと認められません。

 7 スリー・カード

   同じ数字が3枚そろったものと、別の数字の2枚です。
   
   例えば、数字の5が3枚と数字の2と8が各1枚 などです。

 8 ツーペア

   同じ数字が2枚そろったものが2組と、別の数字の1枚です。

   例えば、数字の2が2枚と数字の5と2、それと、9が1枚 

   などです。

 9 ワンペア

   同じ数字が2枚そろったものと、別の数字の3枚です。

   例えば、数字の10が2枚と数字の2と5と6が1枚 などです。

 10 ハイカード

   ポーカー・ハンド(役)が全くない状態の事です。

   「garbage」、日本語で「ブタ」と言ったりもします。




トップページへ戻る




CFDリスク